原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

プラユキさんのサンガくらぶに行ってきました(その1)

昨日はプラユキさんのサンガくらぶでした。

場所はいつもの御茶ノ水。昇龍館ビル2階。

 

プラユキさんの新刊、

『自由に生きる』の刊行記念講演会、

 

 

という位置付けで、

 

会場は大賑わい!

 

 

出版記念パーティー的な、華やかさがありました。

嬉しいことに、昨日は顔見知りの方もたくさん・・・☆

 

 

 

講演会のお題は、

 

「自由に生きる。平和を生きる 〜智慧と慈悲に基づいた生き方とは」

 

 

 

辞書に載っている自由と、仏教が定義する自由って、ぜんぜん違うんですね。

むしろ正反対・・・!

 

 

 

外的な束縛、拘束がないのが辞書的な自由。
内的な思考パターンや感情に支配されないのが仏教的な自由。
 

自分の意のままに、わがままに振る舞えるのが辞書的な自由。
わがまま、勝手気ままに振る舞うのは煩悩の奴隷になっているとみなす仏教。

 

 

こんなふうに対比してお話していただいたので、

頭がスッキリ。

 

 

仏教的な自由とは、あらゆる「縁(出会い)を生かせること。

 

 

とプラユキさんはおっしゃいました。

 

 

自殺の原因を考えるとき、

一般的には「健康問題」「経済問題」「家庭問題」などが原因、

とされますが、

それは仏教的観点では「原因」ではなく「条件(=縁)」にすぎない、

 

のだと。

 

 

 

確かに・・・

 

何かが起きたとき、落ち込む人もいれば、元気な人もいるという事実。

原因は自分の感情、無自覚な思考パターンなどなど。

 

 

 

そういえば、この前、風邪をひいて喉が痛かったときに、

痛みを観察するヴィパッサナーをやるチャンス、

と、ちょっとやってみましたが、

 

痛くて呼吸もしんどくて、

すぐに横になってしまいました。

 

 

縁を生かして、爽やかになれればと思っていたのですが、

あっという間に負けてしまう自分・・・。

 

 

喉の痛みでさえそうなので、

あらゆる縁を生かすなんて、なかなかできない自分ですが、

できるように心がけよう!

 

 

ファイト!

 

 

 

その2に続きます。