読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

温泉旅行のようなマインドフルネス実践会

マインドフルネス実践会という集まりがあります。

http://mindfulnesspractice.jimdo.com 最近はもっぱらFacebookのほうで情報更新されているようで、こちらのWEBサイトは古いままなのですが、簡単な紹介が載っています。

 

宗教色のないアットホームなマインドフルネス

先月のことになりますが、友人に誘ってもらって、このマインドフルネス実践会に参加してきました。自己紹介のときに「初期仏教をプライベートで勉強している流れで瞑想にも興味を持ち、本日こちらにまいりました」と言ったのですが、その発言に対して「初期仏教とはどんな宗教ですか」というような質問が来るくらい宗教色はナシ。

 

J.カバットジンのマインドフルネスストレス低減法(MBSR)を基本にしているそうで、わたしが参加した回は、主に呼吸に注意を集中する瞑想でした。自分の体と呼吸との一体感を意識しながら、30分〜1時間ほど、座る瞑想を行うというような内容です。

 

温泉旅行のような和やかさ

マインドフルネス実践会の雰囲気はとても和やか。主催者の小西喜朗さんのお人柄と、広い畳の部屋との相乗効果で、とてもリラックスできる空間でした。初めての参加にも関わらず緊張もせず瞑想に集中でき、とてもよい時間を過ごすことができました。

 

因果関係はわからないけど、その後の脳の調子は絶好調

よい時間を過ごすことができたからなのか、実践会のあとは自分の脳が若返ったような感覚になりました。物ごとを考えるスピードが上がったり、仕事での判断が速くなったり。それが2週間ほど続きました。それがマインドフルネス効果なのか、それともわたしの生活の中で別の要因があったからなのか、はっきりとはわかりませんが、後日絶好調だったということもあって「この実践会には行ってよかった」と、今でも思っています。

 

いろいろなタイプの瞑想会

完全に沈黙を守りひとりひとりがそれぞれ瞑想に励むものから(テーラワーダ系)、ビジネスモードでディスカッションも交えて盛り上がりながら行うもの(Google系)、また今回のマインドフルネス実践会のように、途中途中は和気あいあいとおしゃべりするけれども実践の時間になると沈黙して真剣に取り組むという中間的なもの(コミュニティー系)まで、瞑想会にもいろいろな種類があるようです。自分がいちばん自然に集中できるタイプの瞑想会に選んで行くとよさそうですね。

 

ずれてきているかもしれない

「いろんな瞑想会に参加して違いを楽しむことが楽しみ・・・」みたいな、初期仏教からちょっとずれた感じになってきている今日この頃ですが、あと2〜3種類は体験してみてもいいかなと思っています。グリーンヒルとプラユキ・ナラテボーさんのと、あと何か・・・。