読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

宗教色のない瞑想からヴィパッサナーへ

世の中は瞑想ブーム。宗教にはあまり興味がないけれども瞑想に興味を持っているという友人の話によると「仕事が効率的になる」とか「集中力が増す」など、いろいろな瞑想の体験セミナーがあるとのこと。

 

各種瞑想の違いを知り、どれが自分に合う瞑想なのかを確認するため1年ほどかけて主要な瞑想セミナーを巡ったその友人。落ち着いた先はスマナサーラ長老のヴィパッサナー瞑想だったそうです。

 

宗教色の有無による効果の違い

なぜヴィパッサナーに落ち着いたのかを聞いてみると「宗教のない瞑想の効果は一時的だったから」とのこと。

 

「宗教があるからこそ、自分を根本から変えることができる。宗教がなければ集中も一時的なもの。その時間が終われば再びもとの生活に戻ってしまう。だから宗教があることはとても大事なのだ」ということが、自分自身で体験してみて初めてわかったそう。

 

宗教とはまったく関係なく、ただ瞑想に興味を持っていた友人ですが今となっては「ブッダってすごい!」と完全に仏教徒。慈悲の瞑想とヴィパッサナーを日課にしています。

 

自分自身はヴィパッサナーの経験しかありませんが、いろいろやってみると違いがわかるんですね。 体験して実感して理解していくプロセスは大事で、まさにお釈迦様がおっしゃる通りだと思いました。 

 

余談

瞑想セミナーめぐりをしている間、周囲の人たちに怪しく思われないように「禅セミナー」に行っていると言っていた友人。中身を知っている人からすると「ほかは怪しくてもヴィパッサナーだけは怪しくないでしょ」と思いがちですが、世間的な認知はまだまだ。ほかの瞑想法とあまり変わらず怪しいもののように思われています。「瞑想」という単語自体が日本文化に根付いていないからでしょうかね。