原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

サンガジャパンVol.15 魚川祐司さんの記事がイチオシ

サンガジャパンの最新刊が届きました。今回の特集は「戒律」。

 

戒律についての記事はいろいろありましたが、スマナサーラ長老のこのフレーズが一番シンプルで心に残りました。

私は「戒律」という手垢の着いた言葉を、別な単語に入れ替えたいのです。それは、「ばれたらやばいことはしない」です。 

ここまでシンプルな言葉であれば、子どもからおとなまで、気負うことなくいつもの生活の中で実践できます。長老の言葉のシンプルさは毎度のことながら素敵です。

 

初期仏教という世界から一歩外に出れば、ほぼ知っている人はいないスマナサーラ長老。こんなにすばらしいかたが日本にいることがあまり知られていないのは本当にもったいないことだなと思います。初期仏教の周辺にいるとスマナサーラ長老を知っていて当たり前、という感覚になってしまいますがそれは妄想ですからね!

 

Vol.15の中で一番印象に残った記事は、魚川祐司さんの「『自由への旅』をめぐって」でした。

 

魚川祐司さん

1979年生まれ。2009年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。同年末にミャンマーに渡り、テーラワーダ仏教の瞑想および教学を学ぶ。現在はミャンマーに滞在しつつ、仏教思想とその周辺に関する研究を継続中。

 

魚川さんの記事は、ミャンマーテーラワーダ僧侶であるウ・ジョーティカ師の著作『自由への旅』の紹介記事です。ウ・ジョーティカ師の思想や、ウ・ジョーティカ師との対話を通して感じたこと、さらに魚川さんご本人の仏教に対する考えも交えつつ、『自由への旅』の紹介をされていました。

 

印象に残ったポイント

  • 対象はもちろんテーラワーダに限らないのですが、いずれにせよ、「それぞれの教説を正確に吟味・把握した上で、己にとって重要であり必要である内容を選択し、決定する」という行為を意識的に行わなければならない、と私は考えています。
  • 「私たちは価値判断する勇気をもたねばならない」。これは全くそのとおりで、例えば・・・
  • 主体的な価値判断を、私たちはテーラワーダとウィパッサナーに対して行う必要があるのですが、その際に、大きな参考となりうるのが、『自由への旅』という著作であると私は思います。
  • どこかにある「本当の仏教」や「正しい仏教」を、ただ受動的に教わるのではなくて、「仏教」の名を冠するある一つの思想を、広い文脈の中で正確に理解した上で、それを自分自身が「自由に生きるとはどういうことか」を考える際の糧にしたいと願う人たち。そのような方々に、本書をぜひ読んでいただきたいと思います。

 

自分と年代が近いからなのかもしれませんが、言っていることは非常によくわかりました。「自由への旅」の日本語版*1(魚川さんが翻訳)もぜひ読んでみたいと思います。

 

余談

サンガジャパンの論説(主義主張)ってそもそも何でしたっけ・・・と創刊号を引っぱり出して確認。巻頭ページにこう書いてありました。

『サンガジャパン』はカルマに生きる僕たちが脱出を試みるとき、時には道しるべになり、時には支えになり、時には自らを奮い立たせる本でありたい。 

 

Vol.16の冬号の特集は『怒り』だそうです。楽しみですね。

*1:http://myanmarbuddhism.info/wp-content/uploads/sites/2/2013/09/amapofthejourney.pdf