原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

濃いコンテンツを生み出し続けるサンガ編集部を訪問!

自分が仏教に興味を持ち始めてから約1年、サンガから出版されている本を通して、初期仏教に関するいろいろな情報を得てきました。 濃厚な内容のサンガジャパンをはじめ、数々の新書、単行本をどんどん生み出しているサンガ。仏教書なのにオシャレすぎる表紙…

増田セバスチャンさんを通して見る「イマ・ココ」の風景

増田セバスチャンさんの品のいいありかた 3月14日(金)日比谷図書文化館にて開催された、増田セバスチャンさんと佐々木俊尚さんのトークショー「世界が注目するジャパンカルチャーの現在と未来」に行ってきました。 増田セバスチャンさんは「原宿Kawaii カ…

「人はなぜ突然怒りだすのか?」という本を読んだ

スマナサーラ長老の「怒らないこと」がベストセラーになってから、「怒らない系」の本がいろいろ出ています。この本も怒りがらみの本で、ブックファーストでタイトルに惹かれて衝動買い。突然怒りだす人ってけっこういますよね。 この本で紹介されているのは…

だれかに話を聴いてもらうと元気が出るわけ ー傾聴と仏教ー

先日「新傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献 」という本を読みました。*1 傾聴というのは基本的には「人と人とのよりよい関係の構築」ということがテーマです。 人の心は人でなくては癒されないという部分が非常に大きいと思います。 聴き手…

初期仏教と「傾聴ボランティア」の共通点

ブログを読んでくださっている方からの情報で「傾聴ボランティア」というものがあることを、最近、知りました。 どんなボランティアなのかを知るべく、「新傾聴ボランティアのすすめ」という本を購入。 傾聴ボランティアとは? 傾聴ボランティアとは、いった…

「日本マインドフルネス学会設立記念大会」を見学

マインドフルネスの研究はここ数年でどんどん進んでいますが、昨年12月には「日本マインドフルネス学会」という学会が立ち上がり、設立記念大会が12月22日(日)に開催されました。http://mindfulness.jp.net/convention.html わたしもちょっと気になったの…

仏教に興味がある人なら読んで損ナシ!佐藤哲朗さんの『日本「再仏教化」宣言!』

佐藤哲朗さんの著作『日本「再仏教化」宣言!』が12/27に発売されました。 佐藤哲朗さんといえば、日本テーラワーダ仏教協会の事務局長さん。「仏教協会の事務局長さん」ということで、自分の中ではちびまるこちゃんに出てくる気のいいおじいちゃんのような…

サンガジャパンvol.16 怒らないことは、簡単だ!

サンガジャパンの新刊が出ました。わたしはこの雑誌が大好き。 今回のテーマは「怒り」。だいたいいつも編集後記から読み始めるのですが、今回の編集後記には「怒らないことは、簡単だ! 2014年はこの言葉を流行らせたい!」とありました。いいですね! いい…

プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に出て、サンガジャパンvol.11に帰る

新宿朝日カルチャー、プラユキさんの講座の続編です。*1*2 新宿朝日カルチャーで、プラユキ・ナラテボーさんの講座を受講しました。「気づきの瞑想」という講座で、全2回。1回目が理論編、2回目が実践編。プラユキさんはタイのお寺で修行をされているお坊…

【レポート】シンポジウム「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」

12/14(土)に武蔵野大学有明キャンパスにて行われた「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」は、非常におもしろいシンポジウムでした。一瞬たりとも聞き逃したくない、と思える濃密な時間を過ごしたのは久しぶり。講演されたマーク・エプスタイン博…

仏教とか、マインドフルネスとかのセミナー情報(2013/12)

年内のおもしろそうなセミナー情報です。 12/13(金) 19:00〜 @御茶ノ水 第6回サンガくらぶ 「ゆかいな仏教 (サンガ新書)」の著者である橋爪大三郎さんと大澤真幸さんの対談。「ゆかいな仏教」の続きの対談になるのかな?? 12/14(土) 13:30〜 @武蔵野…

わたしにはちょっと怖かった、グリーンヒルの東京瞑想会

ちょっと前にグリーンヒルの瞑想会に行ってきました。 グリーンヒル瞑想研究所とは? グリーンヒル瞑想研究所とは地橋秀雄さんが主催する瞑想の研究所。地橋さんは1978年より解脱を求めて修行生活に入られ、断食、ヨーガ、大乗仏教、内観など、様々な修行を…

プラユキ・ナラテボーさん「気づきの瞑想」〜お勉強編〜

新宿朝日カルチャー、プラユキさんの講座の続編です。 コンテンツとコンテクスト ブッダの教えとは「主観を入れず、ありのままに事象を知ること」と「知ったことを、実際の生活や人生に役立たせ、苦しみをなくすこと」だそうです。 朝起きて雨ざあざあ降って…

プラユキ・ナラテボーさん「気づきの瞑想」〜衣食住編〜

新宿朝日カルチャーは仏教を気軽に学べるカルチャーセンターです。おもしろい講座が目白押し。今週はプラユキ・ナラテボーさんの「気づきの瞑想」という講座がありました。 【新設】プラユキ・ナラテボーの気づきの瞑想|朝日カルチャーセンター|新宿教室|…

温泉旅行のようなマインドフルネス実践会

マインドフルネス実践会という集まりがあります。 http://mindfulnesspractice.jimdo.com 最近はもっぱらFacebookのほうで情報更新されているようで、こちらのWEBサイトは古いままなのですが、簡単な紹介が載っています。 宗教色のないアットホームなマイン…

本当に何を聞いてもいい、ダライラマの質疑応答

先週、ダライラマの来日講演を聞きに両国に行ってきました。 両国国技館に行くのは大学生のとき以来。国技館だから公演中は飲食自由だと思い込んでいたのですが、警備がたいへん厳しく、ペットボトルの水さえ持ち込み禁止。講演中も頑強な警備員さんがダライ…

明日死ぬ確率は何パーセント? / 大森荘蔵さん「流れとよどみ -哲学断章」

大森荘蔵さんの本「流れとよどみ」を読みました。 男について語るには女について語ればいいと言った人がいる。たしかに悪を語ることは善を語ることだし、狂気について語るのはまた正気について語ることだろう。そして何よりも死について語ることは生について…

中島義道さんの「エゴイスト入門」

今日の通勤のお供は、中島義道さんの「エゴイスト入門」。 中島義道さんは哲学者。自分の「快・不快」に忠実に生きていて、自分の感覚を言葉で正確に語っています。「世間がどう思うか」には一切興味がなく(むしろ敵意を持っている)「なあなあ」で済ますと…

Googleのマインドフルネスを体験

先週はMindful Leadership Instituteという団体が主催するマインドフルネスリーダーシップセミナーに行ってきました。Mindful Leadership Institute、略してMiLIという団体は、Google式マインドフルネスを日本で広めようとしている団体で、当日配布されたち…

比丘尼はキャアキャア騒ぐからサウナ禁止/佐々木閑「出家とは何か」(大蔵出版)

僧団の施設 「チャンカマ」「チャンカマサーラー」とは、出家者が静かに歩行するいわゆる経行(きょうぎょう、きんひん)のための施設。手すりのついた回廊あるいは広場になっていたと思われる。チャンカマサーラーは特に屋根や壁の備わった屋舎として造られ…

宗教色のない瞑想からヴィパッサナーへ

わたし自身の

佐々木閑先生の本を読んで、ニートのphaさんは出家だと思った

3連休の最終日。佐々木閑先生の”「律」に学ぶ生き方の知恵”を読みました。 出家とは「好きなことだけやることにした」人 こんなことが書かれていました。 まえがきでも述べたように、世俗の活動をやめて、自分の好きなことだけやり続けるための組織へと身を…

花園大学・佐々木閑先生の初心者向け仏教哲学セミナー

金曜日は佐々木閑先生の初心者向け仏教哲学セミナーに参加。アビダルマの初歩の初歩を学びました。平日の夕方という時間帯だったので平均年齢60代ぐらいの渋い感じでしたが、会場は満員で大盛況。70〜80人は入っていたのではないでしょうか。先生はたいへん…

なぜか楽しくなってしまうダメなわたしの瞑想修行

今日はヴィパッサナーをエレベーターの中でやっていたら、エレベーターを降り損ねました。 高層ビルのエレベーターでボタンを押す動作に集中! 会社の入っているビルは都庁の近くの高層ビル。エレベーターは低層階用、中層階用、高層階用に分かれていますが…

本の紹介:熊野宏昭さんの『ストレスに負けない生活』

先日読んだ熊野先生の「マインドフルネスそしてACTへ 」がとてもおもしろかったので、ほかの著作も読んでみようと思いAmazonで何冊か本を購入。読んでみておもしろかった本を1冊ご紹介します。 2007年発行の本なので、もう5年も前の本ですね。 ポイント抜粋 …

サンガジャパンVol.15 魚川祐司さんの記事がイチオシ

サンガジャパンの最新刊が届きました。今回の特集は「戒律」。 戒律についての記事はいろいろありましたが、スマナサーラ長老のこのフレーズが一番シンプルで心に残りました。 私は「戒律」という手垢の着いた言葉を、別な単語に入れ替えたいのです。それは…

レポート「プラムヴィレッジ式マインドフルネス体験」

昨夜は株式会社サンガ主催の第3回サンガクラブに参加しました。 第3回サンガクラブ 「ブッダの幸せの瞑想」刊行記念 アン・フーンさん法話&瞑想会 テーマ『日常にマインドフルネスを役立てる』 http://www.samgha.co.jp/products/spcontents/spsamghaclub.h…

初期仏教と認知行動療法に興味がある人にオススメ!「マインドフルネスそしてACTへ」

早稲田大学教授の熊野宏昭先生の本「マインドフルネスそしてACT*1へ」を読みました。熊野先生は医師であり認知行動療法の専門家。2012年にNHKの番組にも出演されていたので*2、お顔を見たことのあるかたもいらっしゃるかもしれません。 読んでびっくり! こ…

集団行動で発芽する、潜在煩悩の中にある嫉妬

自分は集団行動が得意ではありません。子どものころは遠足や修学旅行にも消極的なほうでした。しかし得意ではなくとも集団行動を避けて生きることはできず、現在は西新宿の高層ビル働くOL。大きな組織の中の小さなチーム(19人のグループ)で仕事をしていま…

長老からサーリプッタ尊者の話を聞いて、外見を想像してみた

今年の5月にスマナサーラ長老の「サーリプッタ尊者の注釈力 ~真理の教えを分かりやすく具体的に〜」というセミナーを受講しました。新宿朝日カルチャーのセミナーです。 http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=198190&userflg=0 サーリプッタ(舎…

レポート「ここがスゴイよ 日本人の仏教観」

昨夜は会社をダッシュで出て、仏教伝道協会のシンポジウムに行ってきました。 演題 ここがスゴイよ 日本人の仏教観 http://t.co/N8yxKxfLeh パネリスト:ネルケ・無方さん、スマナサーラ長老、ケネス・タナカさん ネルケさんはドイツ出身の曹洞宗の僧侶、ス…

おむすびが突然毒入りになるのではない

「お腹が空いてるときに食べるおむすびは絶品。2個目もおいしい。4個目ぐらいでもういいかなと思い始めて、300個も食べたら死ぬ。300個目のおむすびが毒入りだったのではなく、最初のおむすびから苦は始まっていたのである」 スマナサーラ長老の本にこんなこ…

仏教を勉強したいと言うとどうなるか

仏教に目覚めてから本やセミナーを通して仏教の勉強をしていますが、出会う人々に「あなたは学問のひとつとして仏教を勉強したいのですか? それとも仏教者になりたいのですか?」と頻繁に聞かれます。 質問の意図があまりピンとこなくて「なんでみんなそん…

仏教の最先端は新宿朝日カルチャーにあり

西新宿の高層ビル街で仏教のお勉強 西新宿の高層ビル街にある住友ビル。都庁のすぐ側にある住友ビル。そのビルの中にある朝日カルチャーセンターは最先端の仏教発信基地です。ここに行けば仏教の最先端に触れられると言っても過言ではありません。 2013年の1…