原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

人は皆、自分の存在をとかく過大評価しがち/クーリエ・ジャポンのスマナサーラ長老のコラムより

今月号のクーリエ・ジャポンは、海の表紙がとっても涼しそう。今日のように暑い日は、こんな海にプカプカと浮かんでいたいものです。 さて、今回のクーリエ・ジャポン。特集は『世界に学ぶ"生活と思考の整理法" もっと「シンプル」に考えよう。』です。 「ス…

Haze和蠟燭さんと出会い、テーラワーダ仏教の語り手について思い巡らす夏の日

『Haze和蠟燭(ハゼ・わろうそく)』さんをご存知でしょうか。Haze和蠟燭さんは昔ながらの手法で和蠟燭を作っている3人組のアーティストグループ。ツイッターに投稿されている写真がいつもとってもお洒落で、見るたびに目が釘付けになります。 おはようござ…

7月下旬、間もなく発売! 『別冊サンガジャパン 1  実践! 仏教瞑想ガイドブック』

サンガから出版されている仏教雑誌「サンガジャパン」の、初めての「別冊」が創刊になります。その名も『別冊サンガジャパン』。創刊号の表紙は、水色と赤のポップなデザイン。"Spending all my time"のときのPerfumeの衣装みたいでかわいいですね。「Extra …

よい本でした、『小説「ブッダ」』

『小説「ブッダ」』が、とてもよい本でした。 ブッダの生涯を記した本は星の数ほどありますが、本書『小説「ブッダ」』は「小説」と銘打っているだけあって、ブッダの一生がひとつの物語として描かれており、読みごたえがあります。まるで自分がブッダの弟子…

サッカーW杯の歓声の中で —ドイツのテーラワーダ瞑想会—

6月末から再びドイツに来ています。前回のドイツ滞在時は、近所で開催されていたチベット仏教系の瞑想会に参加しましたが、今回初めて、テーラワーダ系の瞑想会に参加してきました。 お寺探しに使ったのは今回も「World Buddhist Directory - Presented by B…

彼岸寺と初期仏教

2週間ほど前、プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に参加したときに、プラユキさんがお話の中で、「日本には彼岸寺という活動をしている方々がいらっしゃいますね。彼岸寺の活動は、タイの開発僧の活動とちょっと似ている気がしていて、わたしは注目しているの…

アーチャン・チャーさんの「手放す生き方」で、悟りについてハッとする

アーチャン・チャーさんの「無常の教え」を読んだあとに、続けて「手放す生き方」を読みました。 近所の本屋さんに置いてあったのが「無常の教え」だったので、自分は「無常の教え」を先に手に取りましたが、「手放す生き方」が日本で出版された最初のアーチ…

怒りの背後には切なさがあり、願いがある /プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会より

昨夜はプラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に参加してきました。プラユキ・ナラテボーさんはタイのスカトー寺というところお坊さんで、タイで出家されてもう26年になる方です。活動の拠点はタイですが、現在は日本でも講演会や瞑想会を開催されています。*1 瞑…

これまで読んだ中で一番びっくりした瞑想本/マハーシ長老著「ミャンマーの瞑想」

この1年いろいろな瞑想本を読んできましたが、最近読んだマハーシ長老の「ミャンマーの瞑想」には驚きました。これまで読んだ瞑想本の中で、いちばんのびっくりです。 マハーシ長老はミャンマーのお坊さんで、ウィパッサナー瞑想を世界中に広めた人として有…

キリスト教徒もWELCOME! 日本仏教のお寺、デュッセルドルフ恵光寺を訪問

先日、デュッセルドルフの恵光寺に行ってきました。デュッセルドルフ中央駅から地下鉄でしばらく、ライン川を渡ってすぐにところにあるHeerdtersandberg駅が最寄り駅です。 最寄り駅から5分ほど歩くと、マンションなどが立ち並ぶ住宅地に突如として現れるこ…

徒然なるままに、ミュンへンのウェーサーカ祭

自分が初期仏教に興味をもったのは昨年の2月末。興味を持った2か月後ぐらいに、ウェーサーカ祭というものがあることをテーラワーダ仏教教会のサイトや機関誌パティパダーで初めて知りました。しかし「行ってみたいけど怖そう」という気持ちが渦巻き、当日ま…

スマナサーラ長老×イケダハヤトさんの対談本(第二弾)「やさしく自由に生きる智慧」/好評発売中!

イケダハヤトさんとスマナサーラ長老の対談本「やさしく自由に生きる智慧 ―理性を育てて幸福を目指す―」がkindleで好評発売中です。*1 原発の問題や政治の問題、はたまたブログで炎上したときの対処方法まで、わたしたちの身近な問題について、イケダハヤト…

心に響く「無常の教え」/アーチャン・チャー著(星飛雄馬さん訳)

先日アーチャン・チャーさんの法話が掲載されているWebページをご紹介いただいて「まさに自分のことのよう・・・」と心を揺さぶられたのですが(詳しくはこちら)、その後調べてみたところ、日本語の本が何冊か出版されていることがわかったので、この本を読…

ドイツで瞑想 ーお昼休みのゆるやかな瞑想会ー

先週からドイツのシュトゥットガルトに来ています。せっかくなのでドイツのお寺で瞑想できたらと思い、世界のお寺が検索できるウェブサイトでシュトゥットガルトのお寺を検索してみました。 検索に使ったのは、World Buddhist Directory - Presented by Budd…

「頭で意識せずとも身体は仏教」が世界的なトレンド/ネルケ無方さんの『日本人に「宗教」はいらない』

空港の本屋さんでドイツ絡みの本を探していたら、こんな本を見つけました。ネルケ無方さんの「日本人に「宗教」はいらない」です。 日本に住む外国人僧侶が書いた本といえば、4/27にサンガから発売になった 日本の未来 (アイデアがあればグローバル化だって…

「減速して自由に生きる」ライフスタイルのすすめ

仏教の本ではありませんが、最近読んでおもしろかったこの本。 著者の高坂勝さんは、元々デパートに勤務しておられた方。バブル世代でもあり、長い間消費中心の生活を謳歌していました。しかしモノを買っても買っても満たされることがなく、だんだんとそんな…

サンガジャパン Vol.17で「仏教と心理学の接点」に触れる

サンガジャパン最新刊の特集は「仏教とキリスト教」です。今回も表紙のデザインがすてき。 「仏教と心理学の接点」に触れられる一冊 今回のサンガジャパンは8つの記事で構成されていました。 特集テーマは「仏教とキリスト教」ですが、8つの記事のうち2つは…

アーチャン・チャー長老の法話より ー考えることは、智慧ではないー

先日のパオ森林僧院についての記事を読んでくださったかたより「どちらが正統派だろうが、自己観察の実践に変わりはありませんよ。」とコメントいただきました。さらにアーチャン・チャー長老の法話を参考にどうぞ、とご紹介いただきました。 http://homepag…

日本で体験! パオ森林僧院のアナパナ瞑想

パオ森林僧院に日本道場があることを、先日サンガ編集部のかたに教えていただいて初めて知りました。 ミャンマーのテーラワーダ仏教僧院であるパオ森林僧院は、鎌倉の一法庵の山下良道さんも修行をされたお寺。それもあって名前はなんとなく聞いたことがあっ…

イケダハヤトさんがスマナサーラ長老に直球インタビュー!「仏教は宗教ではない」/Kindleで発売

イケダハヤトさんとスマナサーラ長老の対談本が、本日発売になりました! イケダハヤトさんといえば、はっきりした物言いで人気のプロブロガーさん。シャープな発言にブログが炎上することもしばしばですが、自分の意見を躊躇せず述べるとても清々しい方。武…

濃いコンテンツを生み出し続けるサンガ編集部を訪問!

自分が仏教に興味を持ち始めてから約1年、サンガから出版されている本を通して、初期仏教に関するいろいろな情報を得てきました。 濃厚な内容のサンガジャパンをはじめ、数々の新書、単行本をどんどん生み出しているサンガ。仏教書なのにオシャレすぎる表紙…

増田セバスチャンさんを通して見る「イマ・ココ」の風景

増田セバスチャンさんの品のいいありかた 3月14日(金)日比谷図書文化館にて開催された、増田セバスチャンさんと佐々木俊尚さんのトークショー「世界が注目するジャパンカルチャーの現在と未来」に行ってきました。 増田セバスチャンさんは「原宿Kawaii カ…

「人はなぜ突然怒りだすのか?」という本を読んだ

スマナサーラ長老の「怒らないこと」がベストセラーになってから、「怒らない系」の本がいろいろ出ています。この本も怒りがらみの本で、ブックファーストでタイトルに惹かれて衝動買い。突然怒りだす人ってけっこういますよね。 この本で紹介されているのは…

だれかに話を聴いてもらうと元気が出るわけ ー傾聴と仏教ー

先日「新傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献 」という本を読みました。*1 傾聴というのは基本的には「人と人とのよりよい関係の構築」ということがテーマです。 人の心は人でなくては癒されないという部分が非常に大きいと思います。 聴き手…

初期仏教と「傾聴ボランティア」の共通点

ブログを読んでくださっている方からの情報で「傾聴ボランティア」というものがあることを、最近、知りました。 どんなボランティアなのかを知るべく、「新傾聴ボランティアのすすめ」という本を購入。 傾聴ボランティアとは? 傾聴ボランティアとは、いった…

「日本マインドフルネス学会設立記念大会」を見学

マインドフルネスの研究はここ数年でどんどん進んでいますが、昨年12月には「日本マインドフルネス学会」という学会が立ち上がり、設立記念大会が12月22日(日)に開催されました。http://mindfulness.jp.net/convention.html わたしもちょっと気になったの…

仏教に興味がある人なら読んで損ナシ!佐藤哲朗さんの『日本「再仏教化」宣言!』

佐藤哲朗さんの著作『日本「再仏教化」宣言!』が12/27に発売されました。 佐藤哲朗さんといえば、日本テーラワーダ仏教協会の事務局長さん。「仏教協会の事務局長さん」ということで、自分の中ではちびまるこちゃんに出てくる気のいいおじいちゃんのような…

サンガジャパンvol.16 怒らないことは、簡単だ!

サンガジャパンの新刊が出ました。わたしはこの雑誌が大好き。 今回のテーマは「怒り」。だいたいいつも編集後記から読み始めるのですが、今回の編集後記には「怒らないことは、簡単だ! 2014年はこの言葉を流行らせたい!」とありました。いいですね! いい…

プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に出て、サンガジャパンvol.11に帰る

新宿朝日カルチャー、プラユキさんの講座の続編です。*1*2 新宿朝日カルチャーで、プラユキ・ナラテボーさんの講座を受講しました。「気づきの瞑想」という講座で、全2回。1回目が理論編、2回目が実践編。プラユキさんはタイのお寺で修行をされているお坊…

【レポート】シンポジウム「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」

12/14(土)に武蔵野大学有明キャンパスにて行われた「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」は、非常におもしろいシンポジウムでした。一瞬たりとも聞き逃したくない、と思える濃密な時間を過ごしたのは久しぶり。講演されたマーク・エプスタイン博…