原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

瞑想

【インタビュー】気鋭のウェディングドレスデザイナー光田実土里さんが語る、瞑想と創造力の深い関係

今、日本をはるかに超える勢いで、アメリカやヨーロッパでは仏教瞑想がムーブメントとなっています。日本でも仏教瞑想やマインドフルネスに関する書籍が増えてきており、目にしたことのある方、興味を持っている方も多いのではないかと思います。 仏教瞑想に…

【ブックレビュー】わたしが仏教に出会うきっかけになった大切な本、『自分を変える気づきの瞑想法』(サンガ)

『自分を変える気づきの瞑想法』(サンガ)が新しくなりました。 ▲左が2004年発売の初版、右が2015年3月発売の新刊。表紙も大胆にイメージチェンジ。 『自分を変える気づきの瞑想法』は、わたしが仏教に出会うきっかけになった本です。生き方に悩んでいた友…

【ブックレビュー】食べる瞑想とお茶の瞑想は5年やってて飽きないし楽しい 〜ティク・ナット・ハン師の『ブッダの幸せの瞑想』〜

プラムヴィレッジの最新のプラクティスに触れられる本 ティク・ナット・ハン師の『ブッダの幸せの瞑想』(第二版)が発売になりました。 この本の初版は2013年に発行されています。日本でプラムヴィレッジの教えを実践している「微笑みの風」の瞑想会に行く…

【ブックレビュー】瞑想の未来予測も面白い『仏教瞑想ガイドブック』(別冊サンガジャパン)

7月24日にサンガから発売された『仏教瞑想ガイドブック』。分厚いですね。 手にしたものの、どこから読もうかなと迷っているかたも多いのではないでしょうか。わたしもひといきには読めず、扇風機の前で少しずつ読んでいたのですが、この本は『仏教瞑想ガイ…

アーチャン・チャーさんの「手放す生き方」で、悟りについてハッとする

アーチャン・チャーさんの「無常の教え」を読んだあとに、続けて「手放す生き方」を読みました。 近所の本屋さんに置いてあったのが「無常の教え」だったので、自分は「無常の教え」を先に手に取りましたが、「手放す生き方」が日本で出版された最初のアーチ…

怒りの背後には切なさがあり、願いがある /プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会より

昨夜はプラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に参加してきました。プラユキ・ナラテボーさんはタイのスカトー寺というところお坊さんで、タイで出家されてもう26年になる方です。活動の拠点はタイですが、現在は日本でも講演会や瞑想会を開催されています。*1 瞑…

これまで読んだ中で一番びっくりした瞑想本/マハーシ長老著「ミャンマーの瞑想」

この1年いろいろな瞑想本を読んできましたが、最近読んだマハーシ長老の「ミャンマーの瞑想」には驚きました。これまで読んだ瞑想本の中で、いちばんのびっくりです。 マハーシ長老はミャンマーのお坊さんで、ウィパッサナー瞑想を世界中に広めた人として有…

心に響く「無常の教え」/アーチャン・チャー著(星飛雄馬さん訳)

先日アーチャン・チャーさんの法話が掲載されているWebページをご紹介いただいて「まさに自分のことのよう・・・」と心を揺さぶられたのですが(詳しくはこちら)、その後調べてみたところ、日本語の本が何冊か出版されていることがわかったので、この本を読…

ドイツで瞑想 ーお昼休みのゆるやかな瞑想会ー

先週からドイツのシュトゥットガルトに来ています。せっかくなのでドイツのお寺で瞑想できたらと思い、世界のお寺が検索できるウェブサイトでシュトゥットガルトのお寺を検索してみました。 検索に使ったのは、World Buddhist Directory - Presented by Budd…

サンガジャパン Vol.17で「仏教と心理学の接点」に触れる

サンガジャパン最新刊の特集は「仏教とキリスト教」です。今回も表紙のデザインがすてき。 「仏教と心理学の接点」に触れられる一冊 今回のサンガジャパンは8つの記事で構成されていました。 特集テーマは「仏教とキリスト教」ですが、8つの記事のうち2つは…

アーチャン・チャー長老の法話より ー考えることは、智慧ではないー

先日のパオ森林僧院についての記事を読んでくださったかたより「どちらが正統派だろうが、自己観察の実践に変わりはありませんよ。」とコメントいただきました。さらにアーチャン・チャー長老の法話を参考にどうぞ、とご紹介いただきました。 http://homepag…

日本で体験! パオ森林僧院のアナパナ瞑想

パオ森林僧院に日本道場があることを、先日サンガ編集部のかたに教えていただいて初めて知りました。 ミャンマーのテーラワーダ仏教僧院であるパオ森林僧院は、鎌倉の一法庵の山下良道さんも修行をされたお寺。それもあって名前はなんとなく聞いたことがあっ…

プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に出て、サンガジャパンvol.11に帰る

新宿朝日カルチャー、プラユキさんの講座の続編です。*1*2 新宿朝日カルチャーで、プラユキ・ナラテボーさんの講座を受講しました。「気づきの瞑想」という講座で、全2回。1回目が理論編、2回目が実践編。プラユキさんはタイのお寺で修行をされているお坊…

【レポート】シンポジウム「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」

12/14(土)に武蔵野大学有明キャンパスにて行われた「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」は、非常におもしろいシンポジウムでした。一瞬たりとも聞き逃したくない、と思える濃密な時間を過ごしたのは久しぶり。講演されたマーク・エプスタイン博…

仏教とか、マインドフルネスとかのセミナー情報(2013/12)

年内のおもしろそうなセミナー情報です。 12/13(金) 19:00〜 @御茶ノ水 第6回サンガくらぶ 「ゆかいな仏教 (サンガ新書)」の著者である橋爪大三郎さんと大澤真幸さんの対談。「ゆかいな仏教」の続きの対談になるのかな?? 12/14(土) 13:30〜 @武蔵野…

わたしにはちょっと怖かった、グリーンヒルの東京瞑想会

ちょっと前にグリーンヒルの瞑想会に行ってきました。 グリーンヒル瞑想研究所とは? グリーンヒル瞑想研究所とは地橋秀雄さんが主催する瞑想の研究所。地橋さんは1978年より解脱を求めて修行生活に入られ、断食、ヨーガ、大乗仏教、内観など、様々な修行を…

プラユキ・ナラテボーさん「気づきの瞑想」〜衣食住編〜

新宿朝日カルチャーは仏教を気軽に学べるカルチャーセンターです。おもしろい講座が目白押し。今週はプラユキ・ナラテボーさんの「気づきの瞑想」という講座がありました。 【新設】プラユキ・ナラテボーの気づきの瞑想|朝日カルチャーセンター|新宿教室|…

温泉旅行のようなマインドフルネス実践会

マインドフルネス実践会という集まりがあります。 http://mindfulnesspractice.jimdo.com 最近はもっぱらFacebookのほうで情報更新されているようで、こちらのWEBサイトは古いままなのですが、簡単な紹介が載っています。 宗教色のないアットホームなマイン…

Googleのマインドフルネスを体験

先週はMindful Leadership Instituteという団体が主催するマインドフルネスリーダーシップセミナーに行ってきました。Mindful Leadership Institute、略してMiLIという団体は、Google式マインドフルネスを日本で広めようとしている団体で、当日配布されたち…

宗教色のない瞑想からヴィパッサナーへ

わたし自身の

なぜか楽しくなってしまうダメなわたしの瞑想修行

今日はヴィパッサナーをエレベーターの中でやっていたら、エレベーターを降り損ねました。 高層ビルのエレベーターでボタンを押す動作に集中! 会社の入っているビルは都庁の近くの高層ビル。エレベーターは低層階用、中層階用、高層階用に分かれていますが…