読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原始仏教ガール’s日記

気づけばすっかり仏教徒。 twitter @music_buddha

【インタビュー】気鋭のウェディングドレスデザイナー光田実土里さんが語る、瞑想と創造力の深い関係

今、日本をはるかに超える勢いで、アメリカやヨーロッパでは仏教瞑想がムーブメントとなっています。日本でも仏教瞑想やマインドフルネスに関する書籍が増えてきており、目にしたことのある方、興味を持っている方も多いのではないかと思います。 仏教瞑想に…

【ブックレビュー】わたしが仏教に出会うきっかけになった大切な本、『自分を変える気づきの瞑想法』(サンガ)

『自分を変える気づきの瞑想法』(サンガ)が新しくなりました。 ▲左が2004年発売の初版、右が2015年3月発売の新刊。表紙も大胆にイメージチェンジ。 『自分を変える気づきの瞑想法』は、わたしが仏教に出会うきっかけになった本です。生き方に悩んでいた友…

【ブックレビュー】食べる瞑想とお茶の瞑想は5年やってて飽きないし楽しい 〜ティク・ナット・ハン師の『ブッダの幸せの瞑想』〜

プラムヴィレッジの最新のプラクティスに触れられる本 ティク・ナット・ハン師の『ブッダの幸せの瞑想』(第二版)が発売になりました。 この本の初版は2013年に発行されています。日本でプラムヴィレッジの教えを実践している「微笑みの風」の瞑想会に行く…

【ブックレビュー】「私が先に笑うと、世界が私に笑ってくれる」/ スマナサーラ長老の『13歳のチカラが世界を変える』

中学生だけのものにするのはもったいない! 2015年2月に発売になった、『13歳のチカラが世界を変える』(サンガ)がとってもよい本です。わたしはスマナサーラ長老フリークですが、この本はその中でもお勧め! 本の表紙は爽やかな水色で、かわいいイラストの…

本の著者に会えて楽しいサンガくらぶ(マハーカルナー禅師・スマナサーラ長老・香山リカさん)

出版社の「サンガ」は仏教書を出版しているだけではなく、月1回程度、不定期に「サンガくらぶ」という楽しい会を催しています。 この会は、読者が本の著者の方に直接お会いできる貴重な機会。瞑想会で指導を受けるのはちょっとハードルが高いなと感じられる…

綿花から糸を紡いでみたら、辻信一さんの文章にぐっときた『Samga Japan Vol.19 ティク・ナット・ハンとマインドフルネス』

3年ぐらい前から60年代〜70年代の古着を着るのを楽しんでいます。「最近の流行(80年代リバイバルとか)は着たいと思えないし、形も自分の体型に合わないし、着るものがない…」と思っていたときに、下北や原宿で素敵な古着に出会い「かわいいし、昭和体型の…

【共有レポート】日本マインドフルネス学会・学びレポートの感想から得た、さらなる学び

日本マインドフルネス学会で学んだことを先日レポートさせていただいたところ、いろいろなご意見・ご感想*1をいただき、新たな学びを得ました。一部を抜粋してご紹介させていただきたいと思います。 ワンポイントメソッド化の危惧に共感する声、多し 藤田一…

看取り医の大井玄先生からあふれる慈悲の心、そしてティク・ナット・ハン師の教え

2014年11月11日(火)から13日(木)の3日間、霞ヶ関のイイノホールにて「ASIAN AGING SUMMIT(アジアンエイジングサミット)」が行なわれました。 このサミットは、到来する超高齢化社会を前に、課題を洗い、問題解決をするべく討議を深めるというもので、2…

【取材レポート】お寺はアジールとなりうるか?『最貧困女子』を通して考える、日本仏教と私たちの未来の関係

2014年9月に幻冬舎から発売された『最貧困女子』をご存知でしょうか。衝撃的な内容に、読み終わって一週間たってもまだ余韻が残っています。 働く単身女性の3分の1が年収114万円未満で生活が苦しく、中でも家族・地域・制度(社会保障制度)という3つの縁を…

心細くなっているときに、宗教に頼りたくなる気持ち/「お寺はアジール」(サンガジャパン Vol.18より)

今年は春ごろから日本とドイツを行ったり来たりしながら、延べ半年ほどドイツのシュトゥットガルトに滞在しました。 ドイツ語はぜんぜんできないので、行く前には青山のゲーテ・インスティトゥートでドイツ語初級コースを受講しましたが、それだけではもちろ…

【ブックレビュー】サンガジャパン Vol.18「インドシナの仏教」/理想の僧侶ってどんな人?

最新号のサンガジャパン(Vol.18)の特集は「インドシナの仏教」です。2014年2月に行われた、サンガ主催の「東南アジア仏教ツアー」が特集のベースとなっていて、旅の美しい写真に触れたり、旅の道中に訪問したお寺の法話や参加者の声を読んだりすることがで…

【ブックレビュー】無知の壁/お墓と葬儀とジル・ボルト・テイラーさん

2011年の5月に開催された日本テーラワーダ仏教協会主催の「ウェーサーカ祭」、そのときの対談イベントが本になって発売されました。スマナサーラ長老、養老孟司さん、釈徹宗さんの3人による対談本です。ウェーサーカ祭には足を運んでおりませんでしたので、…

「少女漫画の王子様に憧れるのもいいけれど、身近にだって魅力的な人はいるはず」と言われたお話

先日、大乗仏教のお坊さんやその仲間たちと仏教トークをしていたときに、「なぜ大乗仏教ではなくテーラワーダ仏教に惹かれているのですか?」と、爽やかな笑顔で尋ねられました。 わたしの実家は浄土真宗のお寺の檀家。先祖の命日にはお坊さんが月参りに来て…

【ブックレビュー】『脳と瞑想』から考える、瞑想のポジティブな副作用

プラユキ・ナラテボーさんと篠浦伸禎さんの対談による『脳と瞑想』という本を読みました。 プラユキさんの本は前から好きなのですが、この本は脳外科医との対談ということで、なんだか難しそう・・・としばらく敬遠していました。が、読んでみたら、まあ!び…

【ブックレビュー】瞑想の未来予測も面白い『仏教瞑想ガイドブック』(別冊サンガジャパン)

7月24日にサンガから発売された『仏教瞑想ガイドブック』。分厚いですね。 手にしたものの、どこから読もうかなと迷っているかたも多いのではないでしょうか。わたしもひといきには読めず、扇風機の前で少しずつ読んでいたのですが、この本は『仏教瞑想ガイ…

人は皆、自分の存在をとかく過大評価しがち/クーリエ・ジャポンのスマナサーラ長老のコラムより

今月号のクーリエ・ジャポンは、海の表紙がとっても涼しそう。今日のように暑い日は、こんな海にプカプカと浮かんでいたいものです。 さて、今回のクーリエ・ジャポン。特集は『世界に学ぶ"生活と思考の整理法" もっと「シンプル」に考えよう。』です。 「ス…

Haze和蠟燭さんと出会い、テーラワーダ仏教の語り手について思い巡らす夏の日

『Haze和蠟燭(ハゼ・わろうそく)』さんをご存知でしょうか。Haze和蠟燭さんは昔ながらの手法で和蠟燭を作っている3人組のアーティストグループ。ツイッターに投稿されている写真がいつもとってもお洒落で、見るたびに目が釘付けになります。 おはようござ…

よい本でした、『小説「ブッダ」』

『小説「ブッダ」』が、とてもよい本でした。 ブッダの生涯を記した本は星の数ほどありますが、本書『小説「ブッダ」』は「小説」と銘打っているだけあって、ブッダの一生がひとつの物語として描かれており、読みごたえがあります。まるで自分がブッダの弟子…

サッカーW杯の歓声の中で —ドイツのテーラワーダ瞑想会—

6月末から再びドイツに来ています。前回のドイツ滞在時は、近所で開催されていたチベット仏教系の瞑想会に参加しましたが、今回初めて、テーラワーダ系の瞑想会に参加してきました。 お寺探しに使ったのは今回も「World Buddhist Directory - Presented by B…

彼岸寺と初期仏教

2週間ほど前、プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に参加したときに、プラユキさんがお話の中で、「日本には彼岸寺という活動をしている方々がいらっしゃいますね。彼岸寺の活動は、タイの開発僧の活動とちょっと似ている気がしていて、わたしは注目しているの…

アーチャン・チャーさんの「手放す生き方」で、悟りについてハッとする

アーチャン・チャーさんの「無常の教え」を読んだあとに、続けて「手放す生き方」を読みました。 近所の本屋さんに置いてあったのが「無常の教え」だったので、自分は「無常の教え」を先に手に取りましたが、「手放す生き方」が日本で出版された最初のアーチ…

怒りの背後には切なさがあり、願いがある /プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会より

昨夜はプラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に参加してきました。プラユキ・ナラテボーさんはタイのスカトー寺というところお坊さんで、タイで出家されてもう26年になる方です。活動の拠点はタイですが、現在は日本でも講演会や瞑想会を開催されています。*1 瞑…

これまで読んだ中で一番びっくりした瞑想本/マハーシ長老著「ミャンマーの瞑想」

この1年いろいろな瞑想本を読んできましたが、最近読んだマハーシ長老の「ミャンマーの瞑想」には驚きました。これまで読んだ瞑想本の中で、いちばんのびっくりです。 マハーシ長老はミャンマーのお坊さんで、ウィパッサナー瞑想を世界中に広めた人として有…

キリスト教徒もWELCOME! 日本仏教のお寺、デュッセルドルフ恵光寺を訪問

先日、デュッセルドルフの恵光寺に行ってきました。デュッセルドルフ中央駅から地下鉄でしばらく、ライン川を渡ってすぐにところにあるHeerdtersandberg駅が最寄り駅です。 最寄り駅から5分ほど歩くと、マンションなどが立ち並ぶ住宅地に突如として現れるこ…

徒然なるままに、ミュンへンのウェーサーカ祭

自分が初期仏教に興味をもったのは昨年の2月末。興味を持った2か月後ぐらいに、ウェーサーカ祭というものがあることをテーラワーダ仏教教会のサイトや機関誌パティパダーで初めて知りました。しかし「行ってみたいけど怖そう」という気持ちが渦巻き、当日ま…

スマナサーラ長老×イケダハヤトさんの対談本(第二弾)「やさしく自由に生きる智慧」/好評発売中!

イケダハヤトさんとスマナサーラ長老の対談本「やさしく自由に生きる智慧 ―理性を育てて幸福を目指す―」がkindleで好評発売中です。*1 原発の問題や政治の問題、はたまたブログで炎上したときの対処方法まで、わたしたちの身近な問題について、イケダハヤト…

心に響く「無常の教え」/アーチャン・チャー著(星飛雄馬さん訳)

先日アーチャン・チャーさんの法話が掲載されているWebページをご紹介いただいて「まさに自分のことのよう・・・」と心を揺さぶられたのですが(詳しくはこちら)、その後調べてみたところ、日本語の本が何冊か出版されていることがわかったので、この本を読…

ドイツで瞑想 ーお昼休みのゆるやかな瞑想会ー

先週からドイツのシュトゥットガルトに来ています。せっかくなのでドイツのお寺で瞑想できたらと思い、世界のお寺が検索できるウェブサイトでシュトゥットガルトのお寺を検索してみました。 検索に使ったのは、World Buddhist Directory - Presented by Budd…

「頭で意識せずとも身体は仏教」が世界的なトレンド/ネルケ無方さんの『日本人に「宗教」はいらない』

空港の本屋さんでドイツ絡みの本を探していたら、こんな本を見つけました。ネルケ無方さんの「日本人に「宗教」はいらない」です。 日本に住む外国人僧侶が書いた本といえば、4/27にサンガから発売になった 日本の未来 (アイデアがあればグローバル化だって…

サンガジャパン Vol.17で「仏教と心理学の接点」に触れる

サンガジャパン最新刊の特集は「仏教とキリスト教」です。今回も表紙のデザインがすてき。 「仏教と心理学の接点」に触れられる一冊 今回のサンガジャパンは8つの記事で構成されていました。 特集テーマは「仏教とキリスト教」ですが、8つの記事のうち2つは…

アーチャン・チャー長老の法話より ー考えることは、智慧ではないー

先日のパオ森林僧院についての記事を読んでくださったかたより「どちらが正統派だろうが、自己観察の実践に変わりはありませんよ。」とコメントいただきました。さらにアーチャン・チャー長老の法話を参考にどうぞ、とご紹介いただきました。 http://homepag…

日本で体験! パオ森林僧院のアナパナ瞑想

パオ森林僧院に日本道場があることを、先日サンガ編集部のかたに教えていただいて初めて知りました。 ミャンマーのテーラワーダ仏教僧院であるパオ森林僧院は、鎌倉の一法庵の山下良道さんも修行をされたお寺。それもあって名前はなんとなく聞いたことがあっ…

イケダハヤトさんがスマナサーラ長老に直球インタビュー!「仏教は宗教ではない」/Kindleで発売

イケダハヤトさんとスマナサーラ長老の対談本が、本日発売になりました! イケダハヤトさんといえば、はっきりした物言いで人気のプロブロガーさん。シャープな発言にブログが炎上することもしばしばですが、自分の意見を躊躇せず述べるとても清々しい方。武…

濃いコンテンツを生み出し続けるサンガ編集部を訪問!

自分が仏教に興味を持ち始めてから約1年、サンガから出版されている本を通して、初期仏教に関するいろいろな情報を得てきました。 濃厚な内容のサンガジャパンをはじめ、数々の新書、単行本をどんどん生み出しているサンガ。仏教書なのにオシャレすぎる表紙…

「人はなぜ突然怒りだすのか?」という本を読んだ

スマナサーラ長老の「怒らないこと」がベストセラーになってから、「怒らない系」の本がいろいろ出ています。この本も怒りがらみの本で、ブックファーストでタイトルに惹かれて衝動買い。突然怒りだす人ってけっこういますよね。 この本で紹介されているのは…

だれかに話を聴いてもらうと元気が出るわけ ー傾聴と仏教ー

先日「新傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献 」という本を読みました。*1 傾聴というのは基本的には「人と人とのよりよい関係の構築」ということがテーマです。 人の心は人でなくては癒されないという部分が非常に大きいと思います。 聴き手…

初期仏教と「傾聴ボランティア」の共通点

ブログを読んでくださっている方からの情報で「傾聴ボランティア」というものがあることを、最近、知りました。 どんなボランティアなのかを知るべく、「新傾聴ボランティアのすすめ」という本を購入。 傾聴ボランティアとは? 傾聴ボランティアとは、いった…

「日本マインドフルネス学会設立記念大会」を見学

マインドフルネスの研究はここ数年でどんどん進んでいますが、昨年12月には「日本マインドフルネス学会」という学会が立ち上がり、設立記念大会が12月22日(日)に開催されました。http://mindfulness.jp.net/convention.html わたしもちょっと気になったの…

仏教に興味がある人なら読んで損ナシ!佐藤哲朗さんの『日本「再仏教化」宣言!』

佐藤哲朗さんの著作『日本「再仏教化」宣言!』が12/27に発売されました。 佐藤哲朗さんといえば、日本テーラワーダ仏教協会の事務局長さん。「仏教協会の事務局長さん」ということで、自分の中ではちびまるこちゃんに出てくる気のいいおじいちゃんのような…

サンガジャパンvol.16 怒らないことは、簡単だ!

サンガジャパンの新刊が出ました。わたしはこの雑誌が大好き。 今回のテーマは「怒り」。だいたいいつも編集後記から読み始めるのですが、今回の編集後記には「怒らないことは、簡単だ! 2014年はこの言葉を流行らせたい!」とありました。いいですね! いい…

プラユキ・ナラテボーさんの瞑想会に出て、サンガジャパンvol.11に帰る

新宿朝日カルチャー、プラユキさんの講座の続編です。*1*2 新宿朝日カルチャーで、プラユキ・ナラテボーさんの講座を受講しました。「気づきの瞑想」という講座で、全2回。1回目が理論編、2回目が実践編。プラユキさんはタイのお寺で修行をされているお坊…

【レポート】シンポジウム「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」

12/14(土)に武蔵野大学有明キャンパスにて行われた「仏教と心理学の協調は仏教の未来となりうるか」は、非常におもしろいシンポジウムでした。一瞬たりとも聞き逃したくない、と思える濃密な時間を過ごしたのは久しぶり。講演されたマーク・エプスタイン博…

仏教とか、マインドフルネスとかのセミナー情報(2013/12)

年内のおもしろそうなセミナー情報です。 12/13(金) 19:00〜 @御茶ノ水 第6回サンガくらぶ 「ゆかいな仏教 (サンガ新書)」の著者である橋爪大三郎さんと大澤真幸さんの対談。「ゆかいな仏教」の続きの対談になるのかな?? 12/14(土) 13:30〜 @武蔵野…

わたしにはちょっと怖かった、グリーンヒルの東京瞑想会

ちょっと前にグリーンヒルの瞑想会に行ってきました。 グリーンヒル瞑想研究所とは? グリーンヒル瞑想研究所とは地橋秀雄さんが主催する瞑想の研究所。地橋さんは1978年より解脱を求めて修行生活に入られ、断食、ヨーガ、大乗仏教、内観など、様々な修行を…

プラユキ・ナラテボーさん「気づきの瞑想」〜お勉強編〜

新宿朝日カルチャー、プラユキさんの講座の続編です。 コンテンツとコンテクスト ブッダの教えとは「主観を入れず、ありのままに事象を知ること」と「知ったことを、実際の生活や人生に役立たせ、苦しみをなくすこと」だそうです。 朝起きて雨ざあざあ降って…

プラユキ・ナラテボーさん「気づきの瞑想」〜衣食住編〜

新宿朝日カルチャーは仏教を気軽に学べるカルチャーセンターです。おもしろい講座が目白押し。今週はプラユキ・ナラテボーさんの「気づきの瞑想」という講座がありました。 【新設】プラユキ・ナラテボーの気づきの瞑想|朝日カルチャーセンター|新宿教室|…

本当に何を聞いてもいい、ダライラマの質疑応答

先週、ダライラマの来日講演を聞きに両国に行ってきました。 両国国技館に行くのは大学生のとき以来。国技館だから公演中は飲食自由だと思い込んでいたのですが、警備がたいへん厳しく、ペットボトルの水さえ持ち込み禁止。講演中も頑強な警備員さんがダライ…

比丘尼はキャアキャア騒ぐからサウナ禁止/佐々木閑「出家とは何か」(大蔵出版)

僧団の施設 「チャンカマ」「チャンカマサーラー」とは、出家者が静かに歩行するいわゆる経行(きょうぎょう、きんひん)のための施設。手すりのついた回廊あるいは広場になっていたと思われる。チャンカマサーラーは特に屋根や壁の備わった屋舎として造られ…

佐々木閑先生の本を読んで、ニートのphaさんは出家だと思った

3連休の最終日。佐々木閑先生の”「律」に学ぶ生き方の知恵”を読みました。 出家とは「好きなことだけやることにした」人 こんなことが書かれていました。 まえがきでも述べたように、世俗の活動をやめて、自分の好きなことだけやり続けるための組織へと身を…

花園大学・佐々木閑先生の初心者向け仏教哲学セミナー

金曜日は佐々木閑先生の初心者向け仏教哲学セミナーに参加。アビダルマの初歩の初歩を学びました。平日の夕方という時間帯だったので平均年齢60代ぐらいの渋い感じでしたが、会場は満員で大盛況。70〜80人は入っていたのではないでしょうか。先生はたいへん…